2人と3羽、小さな大家族。

小動物の多種多頭飼い家族日記。

グッピーのベビーラッシュ

SANGETSU邸で初めて飼育を開始した熱帯魚はグッピーです。

近所のホムセンでメス2匹オス3匹でスタートしました。

それからはまあ…増える増える。

ピーク期で70〜80匹はいたんじゃないかと思います。

それに伴い水槽も増えました。

60cm水槽が3つある現在ですが未だにメインはグッピーです。

 

f:id:SANGETSU:20160808201325j:plain

こちらの写真は産卵直後の水槽の様子です。

グッピーはお母さんのお腹の中で稚魚が育つので、生まれた時から魚の姿です。

稚魚は危険がせまると、自力で逃げ隠れるんです。

まだ生まれた直後なのにすごい本能だなと感心しました。

熱帯魚を観察する楽しみを教えてくれたグッピー達でした。

 

 

SANGETSU邸で実践した個体数管理方法

とはいえ爆殖してしまったグッピー達。

半年もしないうちに16倍に増えました。

我が家は少しシビアな個体数管理を実践しました。

 

管理の方法は3つあるといわれています(持論ですが)

①オスメス分けて飼育する(産ませない)

②稚魚を捕食するタンクメイトを入れる(増やさない)

③人為的にまびく(減らす)

 

SANGETSUはまず水槽を増やしてオスメスをわけ(分けてもしばらくはストックで産んでいく)メス水槽には、稚魚サイズの魚を捕食するネオンドワーフレインボーを導入しました。

①と②を併用したわけです。

 

命の管理をすることは心が痛みましたが、ペットとして終生可愛がっていくための必要な判断だったと考えています。

 

必要な時にお気に入りのオスとメスをお見合いさせて基本は別水槽で飼育をする、これがグッピー飼育はベストなんじゃないかなあ、と思います。

 

お金がないアクアリスト初心者の意見でした。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
本日もSANGETSU邸へお越しいただきありがとうございます
我が家はブログランキングに挑戦中です
↑↑↑↑↑バナークリックで応援お願いします! ↑↑↑↑↑